女子が大半を占める吹奏楽部で、孤独な思いをしている男子の君へ

吹奏楽部って、なぜか部員の大半を女子が占めますよね。

下手すると、学年や部活で男子が自分一人、なんてこともあったり。

それでも、女子部員たちと仲良く、楽しく過ごせていればいいんだけど。

思春期の中学生だと、こそこそ笑われたり、「キモイ」って言われたり…。

悲しい思いをしたり、孤独感を感じている男子部員もいるんじゃないかな。

でも、

部活は楽器と向き合う時間と割り切る

のも、一つの手なんじゃないかなと思います。

自分も中学では孤独だった

中学のときの吹奏楽部は、全部員数が50人前後でそこそこ大所帯だったけど、

入部したときの男子部員は確か5人くらい。

同じ学年は、部員数が10人ちょっとと少なかったけど、男子は自分を含めて2人だけ。

しかも、そのもう一人の彼が本当に無口な子で(笑)、

弁当とかは一緒に食べてたけど、何話せばいいかあまりわからなかったな…。

それから、自分は中学の時、ニキビがすごかった。

メガネも、今ほど自分に合ったものがわかっていなかったから、

いかにも真面目君、みたいな丸メガネをかけていた(笑)

たぶんそのあたりが原因だと思うんだけど、

笑いながらこそこそ避けられたり、「キモイ」と言われたこともあった。

中学1年の頃は結構つらかったなぁ…良い記憶があまり残ってない(^^;

部活では楽器と向き合った

これは、そうしようと決めたわけではなくて、

結果としてそうしていたんだけども。

もともと音楽は好きで、楽器を吹ける時間が楽しかった。

だから、部活の時間は楽器を吹くことに専念した

同級生が部活中に鬼ごっこや恋バナに興じている間も、一人で黙々と練習した。

(別に、部活中に遊ぶことが必ずしも悪いとは思わない。

それが、連日の練習のちょっとした息抜きや、

後から思い返してかけがえのない思い出になることもあるから。

でも、当時の自分は楽器を吹く方が楽しかったし、

その時間により大きな価値を見出していた。)

そうしたら、やっぱり一年くらい経つと、

そこそこ吹けるようになってくる。

それが楽しくて、また練習に励む。

そうして、楽器との時間に集中しているうちに、

女子たちも自分のことを悪く言わなくなった、気がする。

楽器が吹けるようになってきたからか、

自分の感じ方が変わったからか、

部活運営を担う学年になって、そんな暇がなくなったからか。

詳しい理由は、今となってはわからないけどね

(もう15年以上も前のことです笑)。

当時を振り返ると

もちろん今振り返れば、

女子部員とももう少しうまくコミュニケーションとれたんじゃないか、とか、

そんな些細なこと気にするなよ自分、と思うところもある。

でも、当時の自分は、

楽器の世界に入り込むことで精神のバランスを保っていたんだろうし、

その結果、チューバもそこそこ上達した。

中2のときのアンサンブルコンテストで、審査員に、

「チューバのやりたい音楽がよくわかって、とても楽しめました」

って書いてもらえたこと、嬉しかったなぁ。

だから、結果オーライだったのかな、と捉えています。

一般団体には、音楽を生涯の友にした素敵な男性がたくさんいる

それから、もう一つ良い知らせ(?)が。

学生の間は、なぜか女性の割合が多い吹奏楽だけど、

一般の団体になると、男性も結構な割合で所属しています

マイ楽器も持っていてるし、練習にも精力的に参加する。

僕が知らないような曲もたくさん知ってるし、演奏してきた。

これまでも、そしてこれからも、

生涯にわたって音楽と付き合っていくんだろうな、

そう感じさせる、とても素敵な男性たちです。

そういった男性、特に40代のおっちゃんたちが、

「俺たちが中学の頃は〇〇っていう課題曲をやってなぁ…

おお、君知ってるか! あの曲良かったなぁ、楽しかったなぁ…」

なんて話してるのを聞くと、

なんとも幸せな気分になるのです。

おわりに

もちろん、どうしても部活がつらいなら、

休部や退部も一つの手だと思う。

でも、もし音楽が好きだ、楽しいと少しでも感じるなら、

部活は楽器を楽しむための時間だ、

と割り切るのもいいんじゃないかな。

そして、これは年齢や性別に限らず、

今所属している団体で孤独感を感じている人にも届けばいいな、と思って書きました。

参考になれば幸いです。

それでは。

シェアする

フォローする