アマチュアオーケストラで選曲に困ったときに使えるサイト2選+1

どうも、AKIです。

アマチュアオーケストラに所属していて、

演奏会の選曲に関わることになった方に向けての記事です。

選曲では、「この曲がやりたい!」という思いも大事ですが、

編成、演奏時間、難易度など、演奏が可能かどうかの判断も必要になってきますよね。

今回は、私もオーケストラ在籍時に実際に活用していた、

選曲で使えるサイト2つ(+チューバ向け1つ)をご紹介します。

Tutti 管弦楽編成表

管楽器曲の編成や演奏時間を調べるなら、まずこのサイト。

すでに活用されている方も多いかもしれません。

http://horn.philharmonic.jp/henseihyo/

アマチュアオーケストラの選曲に使用することを目的として

インターネット上のボランティアグループ「Tutti」により作成されました。

ある曲の編成を調べたいとき

サイト中段の「編成表の検索」をクリックします。

このような画面が出てきます。

調べたい曲の種類を選択します。

ここでは「交響曲」をクリックします。

目的とする作曲家を選択して、曲を探します。

編成や演奏時間から曲を絞り込みたいとき

「トロンボーン・チューバのある曲がいい」

「コントラファゴットのある曲は厳しい…」

「演奏会のメインなので30分以上の曲がいい」

など、ある条件で曲を絞り込みたいときもありますよね。

その場合は、「編成表の検索」から「条件指定による検索」を選びます。

次のような画面が出てきます。

●「トロンボーン・チューバのある曲がいい」場合は「Tb」に「3」、「Tuba」に「1」

●「コントラファゴットのある曲は厳しい…」場合は「Cfg」に「0」

●「演奏会のメインなので30分以上の曲がいい」場合は「演奏時間」に「>30」

をそれぞれ入力し、「検索開始」をクリックします

(詳しい入力方法は、「抽出条件の書き方はこちら」をご参照ください)。

一つ目の検索条件(Tb3、Tuba1)の場合は、次のような検索結果が出てきます。

ただし、残念ながら、これでは条件に当てはまる曲をすべて網羅できていません

というのも、条件検索のページに但し書きがありますが、

最大で100件しか検索結果を表示できない」んですね…。

なので、演奏時間や他の楽器編成も条件に加えて、曲を絞り込む必要があります。

オーケストラの曲にある程度詳しい方は、

トップページの下段にある「データの取得」から一覧のPDFを入手して、

しらみつぶしに探していくのもいいかもしれません。

ペトルッチ楽譜ライブラリー/IMSLP

候補となる曲が見つかったら、

それがどんな譜面なのか、実際に演奏可能なレベルなのかを知りたいですよね。

そんなときに使えるのが、この「IMSLP」です。

http://imslp.org/

(または http://imslp.net/wiki/メインページ

無料で使える楽譜や音源の図書館を作ろうという、インターネット上のプロジェクトです。

死後50年以上経った作曲者の楽譜や音源が、無料で公開されています。

楽譜の検索方法

例として、ベートーヴェンの交響曲第5番「運命」を調べてみます。

画面の中央、または右上の「Search」ウインドウに、

「Beethoven symphony 5」と入力します。

※「ベートーヴェン 交響曲第5番」と入力しても同じような検索結果が出てきます。

ただ、すべての曲で調べたわけではないので、可能な限り英語で検索するのがよいでしょう。

検索画面が現れます。

該当する検索結果を選択します。

楽譜を表示する方法

まず、上部に「演奏」が出てきます。

音源がある場合は、この「Recording」で聴くことができます。

少しスクロールすると、「楽譜」があります。

「Score」ではスコアを、

「Part」ではパート譜を見ることができます(全パート揃っていないことがあります)。

楽譜を表示する方法は二種類あります。

1:「View」をクリックします。

すると、次の写真のように、ページ内で楽譜をそのまま見ることができます

2:見たい楽譜の下矢印をクリックすると、楽譜のダウンロードページに移動します。

画面上部に「15秒後にダウンロードが再開します」と出るので、15秒間待ちます。

15秒経つと、「ダウンロードを再開するにはこちらをクリックしてください」となります。

こちらをクリックすると、楽譜がPDFファイルでダウンロードできます

譜面をパッと確認したい場合は、早く表示される1. の方法がオススメです。

一方、譜面を印刷や保存したい場合は、少し時間はかかりますが2. の方法で取得します。

「チューバのある管弦楽曲」(チューバ奏者向け)

オーケストラのチューバ吹きにピッタリなサイトが、こちらの「チューバのある管弦楽曲」。

https://sites.google.com/site/reqtuba/

都内在住のアマチュアチューバ吹きの方(お名前の記載がありません…)が作成されました。

吹奏楽と違って、オーケストラではチューバの出番がない曲も結構あります。

そのため、チューバの出番のある曲がまとめられているこのサイトは大変重宝します。

サイト内の「Tubaのあるオケ曲一覧」ページで調べることができます。

また、多くの曲について最高音と最低音が記載されているため、

音域の観点で演奏可能かどうかを大まかに判断できます。

さらに、それぞれの曲に対して作成者の方の一言コメントがあります。

演奏経験のある曲は「そうそう!」とうなづけるものも多く、楽しく読めます。

おわりに

オーケストラの選曲を行う上で使えるサイトとして、

編成や演奏時間を調べる「管楽器編成表」と、

譜面を見られる「IMSLP」をご紹介しました。

もうすでにバリバリ活用している方もいらっしゃるかもしれませんが、

はじめて選曲会議などに携わる方のお役に立てれば幸いです。

それでは。

シェアする

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。