チューバの楽器紹介ってどんな曲を吹いたらいいの?

どうも、AKIです。

吹奏楽やオーケストラでチューバを吹いていると、

楽器紹介をする機会もあるかと思います。

でも、たとえば、

●トランペットが「トランペット吹きの休日」や「鳩と少年」

●クラリネットが「クラリネットをこわしちゃった」

など、楽器ごとの定番曲をある程度持っているのに対して、

チューバにはなかなかそういう定番曲がないですよね…。

今回は、チューバができる楽器紹介のアイデアとして、

4つのパターンをご紹介したいと思います。

低音の魅力を伝える

チューバの最大の特徴は、音の低さ

オーケストラの金管楽器を、また吹奏楽ではバンド全体をも支える低音楽器です。

この低音の魅力を伝えられるような曲を選びます。

チューバに限らず低音楽器全般ですが、童謡の「ぞうさん」はよく使われます。

この動画の方は、演奏だけでなく、子供たちへの魅せ方もうまいですね!

また、ペダルトーンが得意であればどんどん盛り込むのもアリです。

私は、この「ぞうさん」を、

一回目は普通の音域、二回目はオクターブ下のペダルトーンで演奏したことがあります。

動きで魅せる

ご存じの通り、チューバは長さ1m近くにもなる大きな楽器です。

立って動きながら吹くだけでも、インパクトは大きいです。

立奏ができそうであれば、チャレンジしてみる価値はあると思います。

たとえば、ラジオ体操をやったり…

「ようかい体操第一」など、そのとき流行りのダンスを取り入れたり…

チューバが複数人いたり、ユーフォニウムと一緒に楽器紹介をやるなら、

EXILEの「チューチュートレイン」を吹きながら踊ったり…

(動画はありません)

いろいろパターンは考えられます。

ここで紹介した動画はかなり高クオリティですし、練習も重ねておられるでしょう。

上にも書いた通り、チューバが吹きながら動くだけでもインパクトは大きいです。

無理のない範囲で、試してみてください。

そして、くれぐれも転んだり楽器をぶつけたりしないよう、お気をつけて…(^^;

テクニックを披露する

テクニックに富んだ曲を選ぶのもよいと思います。

「低音楽器でもこれだけできる!」というのを見せられたらいいですよね。

私は過去に、チューバ二人で「スケーターズ・ワルツ」を演奏しました。

下の動画の1:09から、メロディーと伴奏に分かれて吹きました。

そして、1:45から、八分音符を一人ずつ交互に吹いて、曲通りに聞こえるようにしました

(参考にしたいけれどわかりにくい、という場合はご連絡ください(^^;)。

お客さまに喜んでもらえる曲を考える

これは上に書いた3パターンにも当てはまる部分がありますが、

その場のお客さまの好みに合わせた曲を考えます。

たとえば、私がかつて、演奏旅行で日本各地を回ったときには、

その土地の民謡や市町村歌、有名なCMソングなどをあらかじめ調べておいて、

メロディー(複数人入れば伴奏も)をチューバで演奏しました。

ふだん耳なじみのある曲や、地元の曲ということで、お客さまにも喜んでいただけました。

また、それを低音楽器のチューバが演奏する、という意外性もウケたようです。

おわりに

チューバの楽器紹介に使える曲について、

具体例も挙げながら4パターンご紹介しました。

参考になれば幸いです。

また、「楽器紹介でこの曲をやりたいけど、楽譜がない・音がわからない!」

とお困りの方がいらっしゃいましたら、お問い合わせからぜひご連絡ください。

簡単な音取り・採譜であれば、お手伝いいたします!

それでは。

シェアする

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。