チューバで大きい音を出したいときはラップの芯を使ってみよう

どうも、AKIです。

チューバを吹いていて、

あまり聞こえない

もっと大きな音で吹いて

などと言われたことはありませんか?

私も、最近ではほとんどなくなりましたが、昔は何度も言われました。

もっと大きな音で、と言われると、

●息をたくさん入れて

●力をたくさんかけて

●頑張って

吹きたくなります。

しかし、そうやって吹いた音は割れてしまったり、響きが少なく聞こえにくかったりします。

今回は、「大きな音で吹いて」と言われてお悩みのチューバ吹きの方に、ラップの芯を使った練習方法をご紹介します。

ラップの芯をくわえて呼吸

使い方は簡単です。

ラップの芯の片端1cmくらいを口にくわえて、息をたくさん吸ったり吐いたりします

普通に呼吸したり、いつも楽器を吹くときよりも、

●息がガバッと入ってきて

●すぐになくなる

感覚はありませんか?

その感覚に慣れましょう。

慣れてきたら、楽器を吹くときも同じように、

●それほど速いスピードではないが、息がガバッと入ってくる感じ

●吹き矢を吹くときのような速くて細い息ではなく、ため息やあくびのようなゆったりとした息が流れる感じ

を意識してみます。

もちろん、芯をくわえているときと同じように唇を開いていては音が鳴らないので、いつも通りに閉じます。

また、口の中やのどを無理に広げようとしなくてかまいません。

いかがでしょう?

音量や響きが少しでも増したなら、成功です!

なお、ラップの芯をはずすと、くわえたときと比べて息が入ってこない感じがするかもしれません。

そんなとき、「頑張ってたくさん吸おう」となりがちです。

しかし、息を吸うことよりも、その前に十分に吐いておくことに意識を向けてみましょう。

(参考:楽器ケースを開ける前に! 呼吸ウォーミングアップのススメ

ラップの芯を使うと良い理由

チューバをはじめとする金管楽器は、息を唇の間に吹き入れて、唇が振動することで音が鳴ります。

そのため、基本的には、息をたくさん吐くと振動が大きくなり、音も大きくなります

息の量を増やすには、

●息のスピードを速くする

●息の断面積(太さ)を大きくする

の二通りがあります。

しかし、息のスピードを速くすると、音量とともに音の高さも上がりがちです。

口笛で高い音を出すときの息は、低い音よりも速くて、手に当てるとひんやりしますよね。

リコーダーも、速い息を吹き入れると、「ピー」という耳をつんざくような高音が出ます。

同じようにチューバも、大きな音を出そうとして、

「息をたくさん入れて、頑張って吹こう!」

とすると、響きの少ない割れた音が出たり、より高い音に裏返ったりしてしまいます。

一方、ラップの芯をくわえると、自然と息の断面積が広く保てます。

その状態で息を出し入れすることで、スピードよりも断面積を大きくしながら息を増やせます

「チューバの音を大きくするには」などと検索すると、

「力まずラクに」

「ため息やあくびのような息で」

といったアドバイスが出てきます。

これらはつまり、息のスピードを上げすぎずに息の量を増やすことを意図しているのだろうと思います。

ある程度大きい音が出るようになってみると、これらの表現も十分理解できます。

しかし、チューバをはじめたばかりのころは具体的にどうすればよいかわからなかったり、のどや口を必要以上に広げようとしてしまっていました。

ラップの芯を使うことで、このような弊害もなく、自然と音も大きくなっていくのではと思います。

なお、ラップの芯は、チューバの息を想定したものです。

それ以外の金管楽器だと、太すぎて、その楽器を吹くのに必要な息のスピードに達しないかもしれないことにご注意ください。

おわりに

いかがでしょうか。

今回の内容に限ったことではありませんが、人によってはあまり効果を感じられなかったり、逆に吹きにくくなったりするかもしれません。

あくまで自分の経験をもとに一つのアイデアを挙げているだけなので、その場合も全く気にする必要はありません。

無理に続けようとせず、別の方法を調べたり、人に聞いたりしてみてください。

万人に合う方法はありませんので、自分にあった方法を見つけていただければと思います。

それでは。

シェアする

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。